挨拶挨拶

大和郷幼稚園の子ども達は、豊かな自然環境の中で、自分で遊びを見つけ考え、みんなで仲良く工夫して、なんでもくじけずやりぬく精神力を培い、心豊かに、逞しく育っています。遊びの中で様々な体験をした子どもは、人と共に生活する喜び、相手を理解する喜び、受け止められる喜びを十分体験し、信頼関係を獲得し、意欲や好奇心が育ち、これらの経験は人間形成の核となります。一斉活動する時間も大事にしており、人と共に生活するためのルールを身に付け、自己肯定感もしっかりと育てています。

理事長 田原中男 園長 永田陽子

▲ このページのトップへ戻る

歩み歩み

園庭に植樹された皇后陛下による記念樹の松の木

創立五十周年式典
皇后陛下(当時皇太子妃殿下)
行啓記念樹(松)

大和郷幼稚園は、社団法人大和郷会の設置運営により、昭和4年4月に創設されました。社団法人大和郷会は、大正11年、三菱で知られる岩崎家から現在の六義園の北と西に広がる一帯の地域の分譲を受けた当時各界一流の人々が、和合協力の目的で設立したものであり、大和郷幼稚園は、その事業の一環として始められました。

以来、大和郷幼稚園は、戦災で園舎が焼けたために約7年間の空白がありましたが、静かな明るい環境のもとに、園児に深い愛情をもった優秀で熱心な先生方、元気な子どもたちが楽しく充実した幼稚園生活を送ることを願って、昭和40年に敷地を拡張し、3年保育を開設しました。

平成7年4月、学校法人立の幼稚園として認可されましたが、大和郷会との関係、そしてこれまで育まれてきたよき伝統に変わるところはございません。新しい時代に向かって第一歩を踏み出す子どもたちのために、教育の充実を計り、向上に一層の努力をして参ります。

平成17年2月15日新園舎が完成いたしました。幼児期の子どもたちが生活する場としてふさわしい、・異年齢交流・多様な活動の保障・自然の教育力に重きを置いて設計いたしました。また、園庭も新しくなりました。水・土・光・風・雨・太陽・動植物と響きあい、関わりあってほしいと願いました。新しい環境の下、子どもたちと先生たちとの、よく感じ、よく考え、よく遊ぶ幼児期の豊かな生活が日々繰りひろげられています。

▲ このページのトップへ戻る

沿革沿革

昭和 4年 4月 1日
社団法人大和郷会 大和郷幼稚園を創立
昭和 4年 4月15日
開園式を挙行、2組編成
昭和20年 4月14日
空襲のため全園舎および園関係書類を焼失
昭和27年12月25日
再開の認可あり
昭和28年 6月 1日
復興開園式(この日を開園記念日とする)
昭和29年 4月11日
増築2保育室、4組編成となる
昭和40年 8月30日
隣接地購入、3年保育園舎を増築
昭和41年 4月11日
3年保育を開設、6組編成
昭和43年11月28日
年中年長棟園舎改築、8組編成
昭和48年 6月25日
皇太子妃殿下(現皇后陛下)行啓を賜る
昭和50年 4月 1日
3年保育を5組編成とする。全園で11組編成となる
昭和50年 9月 1日
園舎の増改築竣工
昭和54年 6月 1日
創立50周年記念式典を挙行。皇太子妃殿下(現皇后陛下)の行啓をいただき御言葉を賜わる
平成元年 6月 1日
創立60周年記念式典を挙行
平成 7年 4月 1日
学校法人大和郷学園 大和郷幼稚園として設置申請認可される
平成11年 6月 5日
創立70周年記念式典を挙行
平成17年 2月15日
新園舎竣工
平成17年 9月11日
新園舍落成記念同窓会皇后陛下行啓を賜る
平成18年 4月
預かり保育サポートルーム欅・園庭開放・地域公開講演会始める
平成20年〜22年度
国立教育政策研究所「学力の把握に関する研究指定事業」の指定校となる
平成21年 6月1日
創立80周年記念式典を挙行
平成21年 9月6日
創立80周年祝賀同窓会 皇后陛下の行啓を賜わる
平成23年 4月
特別支援教育始める
平成24年 4月
未就園児保育(母子)たんぽぽ組始める
平成24年 5月
平野文部科学大臣視察
園庭にある大きな楓の木とその周りで遊ぶ園児たち
平成17年9月11日皇后陛下行啓記念
「楓」と遊ぶ子どもたち

▲ このページのトップへ戻る