園だより園だより

学校法人大和郷学園
大和郷幼稚園
平成29年7月13日(木)

園長 永田陽子

楽しいことが いっぱい!

新しい出会いに、わくわくどきどきしながらも大きくなることの喜びで始まった1学期が終わります。子どもたちは、好きな遊び、好きな場所、好きな友達を見つけて思いきり遊んでいます。そして今、どの子も幼稚園は楽しいことがいっぱいあると感じているように思います。そんな姿をみていると、もっと遊んでいたいでしょう。休みになってしまうのが残念!と、学期の終わりにはいつも思います。

年少さんは、ドロドロになって遊ぶ子、スカートを履いてままごとを楽しんでいる子、友達の楽しそうな様子に刺激されて、初めてすることがどんどん増えています。みんなキラキラ楽しそうです。

年中さんは、友達関係が広がり、群れて遊ぶ姿が見られます。鉄棒や木登りに夢中に取り組んでいる子が多いです。自分で身体を使って習得していくことが自信につながっていきます。

年長さんは、独楽回し、縄跳び、誕生会の司会など自分で挑戦するものがたくさんあります。自己課題に向かって真剣に取り組んでいる姿に惹かれ、周りの子も応援します。できた時の喜びは格別です。

先日、各学年の子どもの姿をカラー写真入りでご紹介しました。これは年2回発行しています(次回は11月です)。先生方は、クラスの子どもの様子を一人一人捉えて自分の保育を振り返り、学年で話し合い学年としての姿を確認し、大和郷幼稚園の3学年の子どもの姿を共有しました。自分のお子さんの学年だけでなく、他学年の様子もご覧いただき、3年間の子どもの育ちを楽しんでください。

夏休み中の過ごし方については、お子さんとご家族でどのように夏休みを過ごそうかとたくさん話し合って計画してください。普段できないこと(ご家族の方々や祖父母の方々とたっぷりと関わること、生活に追われずゆっくりと自分の好きなことをすることなど)をしましょう。その中で楽しみに待つことを経験して欲しいです。大和郷幼稚園の子どもたちはたくさんの不思議を発見すると思います。子どもたちが自分で考え自分で気づき自分で調べることを大切にしてください。

▲ このページのトップへ戻る

学校法人大和郷学園
大和郷幼稚園
平成29年6月8日(木)

園長 永田陽子

楽しいこと いっぱい!!

新しい生活が始まってそろそろ2カ月が経ちました。子どもたちは元気一杯遊んでいます。今年度は、例年よりも早めに年少組前の欅の横に粘土質の土山を作りましたので、4月から子どもたちはドロドロになって泥の感触を楽しんでいます。年少さんは、泥に触ることや裸足になることが初めてのお子さんもいたと思いますが、ためらうことなくじっくりと遊んでいます。自然豊かな園庭だからこそ経験できるのでしょう。また、行動範囲が広いです。2階やリズム室に行くなど、幼稚園にあるものや人に関わり面白そうな遊びを楽しんでいます。

年中さんは友達関係が広がり、新しいクラスの友達も加わるようになり群れて遊ぶようになりました。日ごとにラーメン屋さん・たこ焼き屋さん・お寿司屋さん・お花屋さんといろいろなお店屋さんができます。「園長先生、来て!」と呼ばれて行ってみるとみんなとても楽しそうに動いています。同じ場所に一緒にいながら友達の動きを見たり感じたりしながら、自分なりの加わり方で一人一人がよく喋りよく動いています。年中組の時にこの経験をたくさんしていくと、年長組になって、それぞれが生かされながら活動が深まる協同的な学びになっていきます。このような何だかよくわからないけど楽しいという繋がりを大事にしていきたいと思います。

年長さんは、年少さんのお世話で自信がつき、自分たちの生活への取り組み方が変わってきました。意欲をもって誕生会の司会を名乗り出たり、年少組の誕生会では『まんまるさん』『ふうせんルルル』を歌ってくれたりしました。また、鉄棒・木登り・縄跳び・独楽回しなど自己課題に向かって挑戦する姿勢がいろいろな場面で見えてきました。園庭の遊びが楽しい時です。たくさん遊んで心も身体も大きくなっていきます。

▲ このページのトップへ戻る

学校法人大和郷学園
大和郷幼稚園
平成29年4月25日(火)

園長 永田陽子

出会いの時

ご入園、ご進級おめでとうございます。

園庭や遊び原っぱは、秋に植えたチューリップ、ムスカリ、菜の花などの花々が咲きみだれ気持ちがいい春です。今年度は、102名(年少組92名・年中組10名)の新入園児を迎え、合わせて278名の元気パワーで楽しい生活が始まりました。子どもたち、保護者の皆様も新しい生活に期待の気持ちで一杯のことと思います。年中さん・年長さんは一つ上の学年になった喜びや小さい子が増えた嬉しさに心弾んでいます。先生方も新しい出会いにワクワクしています。

年長さんは、年少さんのお世話に張り切っています。じっくりと相手のペースに合わせて動いている子、自分のペースに乗せようとしている子など関わり方はいろいろですが、その中で思い通りにいかないことがたくさん起こります。自分から相手を感じながら主体的に動く初めての経験なのでしょう。相手の反応を感じながら関わり方を変えたりなどその子なりに試行錯誤しています。やり終えた時の笑顔は満足感で満ち溢れています。年中さんはクラスが変わりましたが、新しいクラスに拘ることなく、新しい環境に喜びを感じながら新しい遊びを見つけています。年少さんは、朝、お家の方と別れるのが寂しいけれど、遊びも楽しくて、帰りたくないほどの子もでてきています。皆が自分たちの生活の第1歩を歩み始めました。気持ちは未来に向かっての希望で一杯です。新しい環境への馴染み方は一人ひとりそれぞれです。焦らずにゆっくりと楽しみながら馴染んでいきましょう。環境が変わった時は、新入の方に限らず進級の方々もみな頑張っています。お子さんの体調に合わせてゆっくりと休める時間をとるように心がけていきましょう。

人生の大切な基礎をつくる幼児期を大和郷幼稚園で過ごしてくださることに大きな責任と幸せを感じながら、この出会いを大切にして参ります。子どもたちにとってよりよい環境を考えてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


 → 平成28年度の園だよりはこちら

 → 平成27年度の園だよりはこちら

▲ このページのトップへ戻る